動画編集にオススメのノートパソコンについて CPU,GPU,ストレージについて解説!

最近、Youtubeなどの動画共有サイトが普及しており、パソコンで動画を編集される方も多いのではないでしょうか。また普段の思い出を動画にまとめたり、披露宴、結婚式などのために自作の動画を編集されたりする方もいるでしょう。

ノートPCのスペックも向上して動画編集も出来る機種が増えてきました。
しかし動画編集にはPCとしての高いスペックが必要になることに変わりはありません。

どんなスペックのノートPCにすればいいのか迷っている方に、ここでは、動画編集に最適なおすすめノートパソコンのスペックなどについてまとめています。

高機能BTOパソコンはフロンティアのセール
フロンティのセール期間ならドスパラやマウスコンピュターより断然安くておすすめ!最新のハイスペックのゲーミングPCがまさかの値段で!
Corei9の価格をドスパラやマウスと比べて見てください!
キャンペーン・セールならフロンティアダイレクトのPCが絶対おすすめ>>>

動画編集に必要なノートPCのCPUのスペック

ノートPCで動画を編集したい!CPUのスペックは何を選べばいい
  • ノートPCで動画を編集したいまず優先スべきはCPUでいいの?
  • ノートPCで動画編集するにはインテルのCorei9が必要?

CPUは中央演算処理装置とも呼ばれます。コンピュータにおいて様々な演算処理を行う役目を果たしており、人間でいうと頭脳に当たる部分です。動画編集に求められる、CPUのスペックについて見ていくことにします。

動画編集ソフトを操作したり、動画をファイルに書き出す際には、主にCPUが演算処理を行っています。さらに動画編集時の操作や処理は、インターネットを閲覧したり、ワードやエクセルを操作する時と比較し、負荷がかなり高いものとなっています。

このため、動画編集を行う際にはCPU性能が重要になってきます。

ノートパソコンに搭載されているCPUはインテル製のものが多いです。

インテルはcore i シリーズというCPUを製造しており、メーカーを問わずほとんどのノートパソコンに搭載されています。i3、i5、i7、i9と数が大きくなるほど性能は良くなり、価格も上昇します。

動画編集を行いたいと考えているなら、最低でもi5、できればi7搭載のパソコンが良いでしょう。最も高性能なi9を搭載するノートパソコンは種類が限られているので、買うのは現実的ではありません。

i7搭載ノートPCがベストでしょう。

ノートPCで動画編集する場合のCPU

ノートPCで動画編集するのに適したCPUはインテルのCorei5もしくはCorei7で大丈夫!Corei9までは必要ないでしょう。

動画編集に必要なGPUのスペック

CPUって何、動画編集には必要?

動画編集にGPUのスペックはどこまで求められるの?

GPUはリアルタイムの画像処理に特化した演算処理装置です。演算処理を行うという役割はCPUと共通していますが、CPUと比較して定型的かつ膨大な計算処理を行うのに特化しています。ここでは動画編集に必要なGPUのスペックについて解説していきます。

実は上で紹介したインテル社製のCPUには、GPUが内蔵されています。このような形態のGPUのことをオンボードグラフィックス、または内蔵GPUと呼びます。

動画編集を行う際には、基本的にはGPUにかかる負荷はこのオンボードグラフィックスで処理できる程度のものであると考えて良いでしょう。最低でもcorei5できればi7搭載のパソコンであれば、内蔵GPUで十分に動画編集が行えます。

余談にはなりますが、GPU性能が重要視されるのは、ゲームなどを行う時です。高解像度の3Dグラフィックを瞬時に生成するときなどにはGPUに大きな負荷がかかります。このような場合、内蔵GPUでは処理能力不足となってしまいます。

このような場合には、外付けのグラフィックカードを使用することより、処理能力を向上させることができます。特殊な場合を除き、動画編集を行う時に外付けGPUが必要となることはありません。

動画編集にGPUはそこまで必要としない

GPUのスペックは動きの早いゲームなどを楽しむ時に必要なもので、動画編集にはそれほど高スペックのものでなくてもOKです。

動画編集用のパソコンのストレージについて

ストレージはSSDがいいの?

動画編集のPCのストレージはHDDよりも高速のSSDのほうがいいのでしょうか?

パソコンのストレージは、扱う様々なデータを記憶しておく役割を担っています。ここではHDDとSSDという二つのストレージの種類についてと、動画編集に必要なストレージ容量について解説していきます。

HDDハードディスクドライブとも呼ばれ、ごく最近まで主流であった記憶装置の仕組みです。中に高速回転する円盤が入ったような構造をしています。保存できるデータ量は多くまた値段も安いのですが、衝撃に弱かったり、消費電力が大きい欠点も持っています。

これに対し、最近主流となっているのがSSD(Solid State Drive)です。HDDとは異なり、回転する円盤などの機構を持ちません。このため、衝撃などに強い構造となっています。発熱や消費電力も少ないく、読み書きの速度もHDDよりも早いです。しかし、容量が少なめであり値段がはるなどの欠点もあります。

最近のノートpcはSSDを搭載している場合が多いです。容量は256GBや512GBであることが一般的です。動画は画像や音声メディアと比較し、データ容量はかなり大きくなります。例えばフルHD画質の動画10時間ほどで、256GBのデータ容量となりますこのため、動画編集を行う場合はなるべく大きなストレージを確保する方が良いでしょう。

パソコンに内蔵できるストレージ容量には限界があるので、外付けのSSDまたはHDDを購入するのがオススメです。SSDは値段が高いため、コスパを重視するのであれば大容量のHDDを購入するのも良いと思います。

内蔵と外付けのストレージを合わせて1TB以上あれば、かなりの数の動画を編集できるでしょう。

ストレージはSSDまでは必要ない

パソコンの動画編集のアプリケーションを呼び出すにはスピードの早いSSDがおすすめですが、データを格納するストレージはコストパフォーマンスからSSDまで必要とせずHDDで十分です。

このようにCPU、GPU、ストレージを見てゆくとそれほど高性能PCでなくても動画編集は可能なんです。

次に上記のスペックをクリアしたコストパフォーマンスの高いおすすめのノートPCをご紹介します。

動画編集におすすめのノートパソコン(2019年夏 更新版)