2019年10月の消費税増税!
そしては2020年1月にWindows7 サポート終了

となると、消費税増税前でしかもWindows7をお持ちの方は
パソコンを買うならこの2019夏のボーナスが最も買い時ということになりますね!

⇒【コスパの良いPCが品薄に】ドスパラお得な金利手数料無料キャンペーンを詳しく

高機能BTOパソコンはフロンティアのセール
フロンティのセール期間ならドスパラやマウスコンピュターより断然安くておすすめ!最新のハイスペックのゲーミングPCがまさかの値段で!
Corei9の価格をドスパラやマウスと比べて見てください!
キャンペーン・セールならフロンティアダイレクトのPCが絶対おすすめ>>>

2019年10月にに消費税が上がるPCの需要は?

2019年10月から消費税が10%に増税されますね。

消費財で価格がそこそこする、家電製品やパソコンは消費税のウェイトもそこそこするので
消費税が上がる前に駆け込み需要が大きくなります。

過去も消費税が上がる前に同じような現象があって

パソコンの品薄(生産が追いつかない、在庫切れ)

配送予定がなかなかつかない

などなど様々な現象が見られています。

2020年1月にWindows7 サポート終了 PCの需要は?

評判の良かったWindows7のサポートが2020年の1月で終了しWindows10に移行します。

マイクロソフトもWindows7のサポートは延長してきたのですが
Windows7のサポートも2020年の1月最後のようです。

Windows7のサポートが打ち切られアップデート(更新)がおこなわれなくなると、
Windows7の不具合の修正、セキュリティが強化に問題が起こります。

企業は取引先との関係の中でセキュリティリスクのあるWindows7は使えないので
一斉に買い替えを行います。

また、最近はインターネットのセキュリティ絡みのネット犯罪も多くなっており
個人としてもサポートが打ち切られたWindows7を使い続けることはリスクが大きくなります。

この夏にはコスパの高いPCは品薄になる?!

このようにパソコンの需要が最も高いのが企業です。
大企業ともなると一括の入れ替えで数万台のパソコンを入れ替えます。

そして、今回は消費税が10%に値上げとWindows7 サポート終了です。

まだまだ、Windows7を誓っている企業は多く
消費税が増税される前に、パソコンの入れ替えの需要が大きく伸びることは間違いありません。

間違いなくコスパの良い安いパソコンは品薄になってしまうでしょう。

なので今年2019年は、パソコンを買い替えるなら急いだほうが良さそうです!

消費税10%とWindows7のサポート打ち切りでドスパラのPCが急激に品薄に

このような状況下ではコストパフォーマンスの高いドスパラのPCが急激に品薄になる懸念があります。

⇒【コスパの良いPCが品薄に】ドスパラお得な金利手数料無料キャンペーンを詳しく

ドスパラのPCが品薄に?

ドスパラはBTOという、個人の要望でパーツを組み合わせたPCをオーダーメイドできる
仕組みで非常にコスパの高いパソコンで評判が高いショップです。

このBTOを支えるのは高性能のCPUやメモリ、SSDなどのハードディスク、G-Forceなどのグラフィックボードです。

今回の消費税増税やWindows7の終了でBTOを支えるパーツメーカーの生産が追いつかない
または、在庫不足が懸念されます。

そうなると、ドスパラ自体もコスパの高いPCが作れないという状況にも落ちる可能性は高いと言わざるおえません。

コスパと分割支払での手数料が0円の魅力のドスパラ

PCを買い替え検討されているようであれば
早めの発注がいいかと思います。

⇒【コスパの良いPCが品薄に】ドスパラお得な金利手数料無料キャンペーンを詳しく